「働き方は生き方」

働き方が変われば生き方、人生が変わる!

チェックリストをもらう

あなたは本当に何をしたいのか?再確認しましょう!

働き方や仕事から人生を考えるのではなく、

どんな人生にしたいか?

生き方から働き方や仕事を選ぶ事が大切です。

 

まずは自己分析リストを使って、あなた自身を思い出しましょう。

チェックリストを確認して、1歩1歩進んでいきましょう!

 

公式LINEへの登録はこちら

 

女性医療職を専門に、

働きながら起業・副業を進めるための教科書として

活用してください!

 

 

 

 

医療職こそ、さまざまな分野の視点が必要!

医療職

 

私自身、理学療法士を取得して15年ほどになります。

 

子育て真っ最中に新型コロナウイルスの影響を受けて副業を開始。

この出来事がなければ、

今も従業員として医師の下で死ぬまで働いていたのではないかと思います。

 

そして、そのまま定年を迎え

「…これからどうやって生活していけば良いんだろう…」と悩む姿が目に浮かびます。

 

 

 

副業を開始したことで、

「医療職こそ、もっと医療の外の世界を見て学ぶことで

働き方や治療の幅も広がる!」

と感じました。

 

医療の世界はとても狭く、型にハメがち。

人の役に立ちたい優しい方がたくさんいますが、

人のために頑張りすぎて、仕事を休めず

体調不良になる方がとても多くなってきた気がします。

 

まずは、自分を満たすことが先。

自分が満たされていないから、

体調を崩したりイライラしたり、人間関係が悪化する。

相手を満たしてあげられないのだと思います。

 

 

資格の落とし穴

 

医療の資格は高額で取得するのに時間もかかります。

一度取得してしまうと「手放すのはもったいない」

と、別の仕事を選択するのに躊躇してしまうかもしれません。

 

安定を求め、資格取得しても誰かの下で働く「従業員」。

どんなにすごい資格をたくさん持っていても、

毎日たくさんの患者さんが良くなっても

「診療報酬=給料」は上がる事はありません。

 

 

 

また、「〇〇に合格した」という肩書きが

高級品を身につけたような気分になることもあるかもしれません。

資格をもっていない人に対して、少し偉くなったような感覚はありませんか?

 

 

ひと昔前は資格をとれば安定していたのかもしれません。

今は時代が違います。

 

SNSの普及により、資格を持っていなくても

人としての魅力や信頼感を持たれている方もたくさんいます。

今の時代は外付けの資格ではなく、人を磨く時代

 

 

情報は鮮度が命。

大人になっても資格を取得しても、

勉強し続けている方はどんな場所でも信頼され、イキイキしています。

 

自分自身を知り、どんなことで誰の役に立つのかを学び、

実行しているからです。

 

 

女性だから、できない?

 

いまだに、母だから妻だからという方も多くいらっしゃいます。

相当旦那様を信頼されているか、

何かに洗脳され誰かに許可を得ないと動けなくなってしまった方なのでしょう。

 

「誰の人生を歩んでいる」のかわかりません。

 

いつの間にか価値観を洗脳され、

結婚したら良い妻にならなければならない、

出産したら良い母にならなけらばならない、

親孝行をしなけらばならない、

いったい誰が決めたのでしょうか。

 

シングルマザーでも、

夫婦2人で育てても、

複数で育てても子供は大きく育っていきます。

 

たくさんの価値の中で育った方が、選択肢の幅が広がり可能性が広がります。

 

自分の人生を生きましょう ♪

失敗もあとから良いスパイスになります。

失敗は成功のもとというように、怖がらずに挑戦していきましょう!

 

女性医療職をはじめ、女性の活躍に少しでもお役に立てたらと思います。

いつでもご相談ください!