ALL 紹介したいこと

本山めぐの歴史

こんにちは!

本山めぐの歴史へようこそ!

 

最後まで読むと、

現役理学療法士、4人の子育て中ママが

なぜいろんな副業をしているのか、

マルっとわかる記事になっています!

 

簡単なプロフィールはこちらをどうぞ

 

 

 

ターニングポイントはコロナの流行

新型コロナウイルスの大流行は、

それぞれ生き方を考え直す

きっかけになったのではないでしょうか。

 

 

実は私もその1人です。

 

コロナがなかったら、

起業なんてしていませんでした。

 

きっかけは

コロナで受けた自粛要請。

 

あの時は無我夢中で、勉強してました。。。

 

 

遡ること12年前

 

 

高校卒業後、

整形外科にリハビリの助手(以下リハ助手)として就職し、

夜間の専門学校にも入学。

 

 

無事に4年で卒業した後、そのまま整形で7年勤めました。

 

その間に結婚、妊娠し3人の子供を出産。

 

整形での日々はたくさんの患者さんの数をこなす事に必死で、

治療家としては全く知識不足のまま、

ただただ人に触れる時間が過ぎただけのように思います。

 

 

脊髄損傷、脳性麻痺、脳梗塞、片麻痺、アキレス腱断裂、大腿骨骨折術後…

 

本当にさまざまな疾患の方に触れる事ができ、

良い環境だったなと今では思います。

(↑ いまでは笑)

 

 

理学療法士になるきっかけは、

そんなに大した理由ではありません。

 

進路が決まっていない私に病院からお誘いを受け就職。

院長に「資格をもっておきなさい」と言われ、

専門学校に行きました。

 

 

「もっともっと患者さんのために勉強しないと!」

というプロ意識や危機感などは全くありませんでした。

 

 

小学校からバレーボールしかしていなかった私が、

専門学校に入れた事もびっくりで、

さらに卒業し、国家資格をとれた事も信じられませんでした。

 

PTになる前には、リハ助手をしていたので、

卒業後の就職先も決まっており、

本当に何の危機感もまったくありませんでした。

 

 

PTとしては新人なのに、

先輩よりも臨床経験のある立場だったので、

たくさんの患者さん達に可愛がられながら、

本当に本当にみなさんに甘えていました。

 

 

当時の私は、

国家資格を持ったプロフェッショナルというよりも、

マッサージがちょっと上手な

孫って感じだったと思います 笑

 

 

本当に新患をみるのがイヤで、

助手さん達に毎回拒否してました笑笑

 

そしてそれを上司に見つかって、

仕方なく担当するという、

今思えば超生意気な部下だったと思います 笑

 

 

 

初体験♡

3人の子供を出産後に整形を退職し、

憧れの専業主婦になりました。

 

退職金もまぁまぁいただいたので、

しばらくはゆっくり子育てに専念できましたが、

 

2ヶ月も経てば、

3人の子供と1日中家に居ることで自分の時間が全くなく、

徐々にストレスに。。。

 

こんな夢のような専業主婦の生活も半年で限界。

 

ちょうどその頃、

夫のヘッドハンティングの話があり、

転職や引っ越しを機に、

保育園に預けて就職しよう!と決めました。

 

 

整形外科での甘えた環境の中でも、

PT業務に少し疑問を持っていました。

 

「この仕事って誰でもできる気がするんですけど…」

 

まったく勉強していない私と、

業務終了後に残って学ぶ同僚と給料は同じです。

 

いいのかな?なんて思いませんでしたが、

勉強している同僚からすると、

嫌ですよね。

 

 

 

仕事を探しに検索すると、

病院や施設以外にもPTの需要があることを発見!!

 

子育て経験が活かせるかも(?)と思い、

児童発達支援への就職を決意しました。

 

 

主に、未就学児の発達障害や

精神障害のある子供たちと関わりました。

 

整形でも数名の障害児との関わっていましたが、

全然比較にならないほど、

知識不足と経験不足を痛感しました。

(全く勉強してなかったので当たり前ですが…)

 

 

 

 

1日のスタートは、朝のあいさつ。

絵本の読み聞かせや季節に合った歌をみんなで歌います。

 

箸の持ち方の指導やトイレのお世話など、

病院では経験できないことがたくさんありました。

 

私自身は、

障害のある子供をもつ親ではないので、

親御さんを全て理解することはできませんが、

『大切な子供の親である事は同じ』

だと思いました。

 

 

我が子にしてあげたい事、

これからどんな子になってほしいかなどを聞きながら、

遊びの中で楽しみながらできるリハビリを考えます。

 

 

その遊びを考えるのも子供達への伝え方も、

今までにない経験で本当に勉強になりました。

 

 

リハビリは人生の質を高める仕事ですが、

その相手(患者様)と関われる時間はほんのわずか。

 

そのわずかな時間の中で目標を達成するために

何を優先していくのか、どんな訓練をしていくのか。。

リハビリは、

永遠にアップデートとレベルアップが必要だと

その時にはじめて感じました。

 

 

そして、4人目の妊娠が発覚。

 

妊婦生活と3人の子育て、

仕事の両立がいよいよ難しくなった事もありましたが、

支援する上で上司との考え方が合わないこともあり、

退職を決めました。

 

 

コロナ ✖️ 老健

4人目を出産後、

ゆっくり産後LIFEを満喫するつもりでいたら、

前職での勤務経験が浅かった為、

産休育休の手当が出ない事がわかりました。

 

 

急いで諸々の手続きを済ませて、

生後4ヶ月の三男(4人目)を保育園に預け、

老健で働くことにしました。

 

 

児童発達支援の経験を通して

「もっと施術がしたい」と感じたのも

理由の1つでした。

その方が私には合っているかなと感じていました。

 

 

高齢者との関わりは

整形外科でたくさん経験済みでしたが、

老健はまた少し違いました。

 

 

ある入所者さんは、

施設を出て家に帰れるレベルだけど、家族側の都合で帰れない。

 

このようなケースは意外と多く、

入院や外来施設と違い「最終目標」が大きく変わりました。

 

 

老健での役割は、

自宅へ帰らない方への目標をどこに設定するか。

ここも新しい発見。

 

 

介護職との連携もかなり重要でした〜。(←むしろこれが優先?!)

 

夜間の入所者さんのお世話や見守りをしてくれるのは、

夜に勤務をしてくださる看護師や介護職さん。

 

 どこの施設も人手不足なので、

本当に毎日大変そうです、、

 

 

他のスタッフとの連携も必要になってくるので、

本人の状態やリハビリスタッフだけの意見だけでは、

なかなか進みません。

 

在宅復帰やグループホームなど

空きができるまでの間だけ、入所されている方。

 

本人は在宅復帰可能なレベルだけど家族の都合で帰れない方など、

関わった方とのリハビリを通して、

自分自身の人生も考えさせられました。

 

 

この健康な身体は、当たり前じゃない』

いつ、どこでどうなるかわからない。

その時どうする??

 

そして、申し訳ないけど、

私はこんな人生は送りたくない!!

心から思いました

 

 

いろんな経験をされてきた高齢者から感じる今を

リハビリを通して感じ、

 

私の未来のためにできることは、

今のうちにやらないといけない

 

と強烈に感じました。

 

 

人生を変えた瞬間…

このまま子供が大きくなってきたら正社員に戻って、

ずっとPTしていくのかな〜なんて考えていた矢先、

新型コロナウイルスの影響で

仕事に出れない日が増えてきました。

 

 

そんな中感じたのは、

職場に依存していること

 

 

働けないから収入がない = 生活ができない

突然、将来が強烈に不安になりました。

 

 

生活するための仕事ができないなんて

今まで全くなかったので、

転職しようと考えたり、

別の仕事を追加で始めようかと

いろいろ考えた結果、

『自宅できる副業をしよう!』と考えました。

 

 

まず始めたのは、「ブログ収入」

PC1台でできるし、場所も選ばない。

(誰でも考えそうなことですが…笑)

 

いつでもどこでも、

子供が熱を出した時でもできる!と思いました。

 

。。。てか、私PC持ってないじゃん(T ^ T)

 

やると決めたら、

すぐ始めるタイプなので、

眠っていたiPadではじめたのでした。

 

 

「ブログって日記でしょ?」

「日記をなぜ他人に公開する必要があるのか、ナゾなんですけど…」

なんて思っていた私がブログを開始 笑

 

人は本当にヤバいと思ったら、

一瞬でコロッと変われます!!笑

 

そんなブログは、

お手軽だけど奥が深く、

収入につなげる為には知識も時間もかなり必要でした。

 

・記事を書くまでにいろんな準備がいること。

・書くと言っても、読んでもらうため(相手目線)の書き方や見せ方がある。

・書いても簡単には読んでもらえない。

などなど、

この経験だけでもたくさんの気づきがありました。

 

今は個人も企業も

ある程度は同じ土俵で戦える時代になったので、

なるべくお金をかけずにできることを、

実践していきました。

 

この、ふと思いついたブログでの副業が

今までの人生の反省と、

未来への決意に変わっていきました。

 

 

新しい挑戦‼️

 整形時代、

優秀な先輩が独立した時は

「すご〜い、勇気あるな〜」って完全に他人事。

 

まさか私が、

起業しようするなんて想像もしていませんでした。

 

 

コロナで「1のリスク」を痛烈に感じた私は、

複数の仕事を同時進行で進めることに決めました!!

 

マルチタスクは割とできる方で、

その時々で優先順位を決めて

24時間をフル活用しています。

「女性はみんな得意なんじゃないかな??」

って思ったりしていますが、どうですか?

 

 

 

PTも副業する時代ですね。

 

 

もう、副業しないと本当にヤバい…

国も会社も面倒見れないから副業解禁になりました。

 

副業禁止なので…という人がいるけど、

副業禁止は禁止な時代です

 

ドクターもバイトしてるし、

ポイ活しているドクターもらしいです。

 

病院側の副業禁止はいろんな理由があるようですが、

誰も人生を保証してくれないので、

お利口さんに言うこと聞いてても、

後悔するだけだと思います。

 

どう生きるかはあなた次第ですけどね!

 

 

これ以上給料が上がることはありません。

 

だけど、

少子高齢化で仕事をしないと生きていけないし、

電気代や物価の高騰が続いていきます。

将来の不安は募るばかり。。

 

 

 

子供が大きくなってから?

良く言われますが、

その後はすぐに、親の介護が待っているでしょう。

 

 

そして、

私もあなたも必ず歳をとっていきます。

 

やりたいことをやるには、お金も時間も必要。

どんな未来にしていくかは、

自分の選択と行動だけ

 

 

お金があっても時間がない人。

時間はあるけど、お金がない人。

 

どんな人生にしていか決めている人は、

積み重ねることの大切さを知っています。

 

 

今の私の生活は忙しい中でも充実しています。

 

新しい世界を知り、

たくさんの女性医療職に選択肢を増やして、

手段を選んでほしい!!

 

「働き方は生き方」

 

結婚や妊娠で

生活環境が変わってしまいがちな女性だからこそ、

働き方の見直しが必要です。

 

 

人はいつからでも、何にでもなれる!

(YouTubeであっちゃんが言っていたような気がします 笑)

 

あとは、

選択して行動し、失敗をたくさん経験することです。

 

女性医療職の新しい挑戦を応援しています。

 

 

LINE登録でプレゼント!

公式LINEに登録いただいた方へ

【起業・副業をはじめるためのチェックシート】

をプレゼントしています。

ご登録は下記ボタンよりどうぞ。

友だち追加
  • この記事を書いた人

めぐ

MILADY主催
現役理学療法士。コロナの自粛要請を受け副業開始。4人のママをしながらいろんな副業しています。女性医療職のための起業•副業の方法などお届けしています。

ハマるほど好き♡が人生を変えるヒントに。強みを活かした新しい働き方を見つけてください。働き方は生き方。働き方が変われば人生も変わります!

SNSフォローよろしくお願いします!

-ALL, 紹介したいこと